玄米核酸のチカラ

無農薬玄米が特殊麹液と出会い、発酵によって「玄米核酸」が誕生−高濃度の核酸を取り出すため、じっくり一滴一滴抽出しました−
「玄米核酸」はヒアルロン酸よりもさらに高い水分保持力を誇ります。1グラムで6リットルもの水分を保持できることで知られるヒアルロン酸。「玄米核酸」は、さらに高い保湿力を持っています。グラフのグリーンはヒアルロン酸溶液、イエローは玄米核酸発酵エキスをお肌に塗布して4日間の経過を追跡したもの。「玄米核酸」はヒアルロン酸以上の角質層水分増加量を示し、その量が日ましに高まっていくことがよくわかります。
「玄米核酸」は分子レベルが小さいため、お肌の角質層奥までぐんぐん浸透します。「玄米核酸」は分子レベルが小さく、水に溶けやすいのが特徴です。スーッとお肌の角質層奥まで浸透。紫外線や活性酸素によりダメージを受けたお肌は、しっかりとうるおいを与えます。肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が正しくなっていきます。
「玄米核酸」を与えた角質層は外からの刺激が入りにくく、水分を逃しません。角質層の顕微鏡写真です。水、コラーゲン溶液、玄米核酸発酵エキスをそれぞれ与え、その変化を比較してみました。玄米核酸発酵エキスを与えた角質層は、配列が美しく整い、外界からの刺激を受けにくく、内側の水分を逃さない状態になっているのがよくわかります。そのため、お肌のみずみずしさが長期間キープされ、キメが整います。
「玄米核酸」を塗布して4日後、キメが整ったのがよくわかります。お肌に玄米核酸発酵エキスを1日2回、4日間塗布したあと、スキンチェッカーでお肌を見ると、キメがふっくら整ったのがはっきりわかります。

お問い合わせ

電話アイコン

オンラインショップのお問い合わせ

0120-114-174

受付時間 9:00~18:00
(土・日曜・祝日除く)